上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『電車通勤討伐隊』

20歳までには何かの職に就いていないとならない。幼い頃から親から学校から教え込まれ、勉強の出来る奴は一流企業、普通の奴でも二流。最低限やってきた奴はまともな職には就いている。
職に就けないまま20歳を迎えると、「討伐防衛省」から「討伐隊」の採用通知がやってくる。
「討伐隊」というのは短期・日雇いバイトのようなもので、招集命令が来れば戦場に行って、生還することで給料が支払われるといったシステムである。
主に各地のモンスターを鎮圧することを目的とし、成果に応じて階級を上下する。階級が高ければ給料の増加、前線活動や都心の防衛などといった重役も任される。
彼らの移動方法はなんと電車。都心の居住区から各駅を活動拠点とし、所定の駅へ行き、依頼を遂行する。
日没と共に最終便がやってきて、討伐隊員はみんなそれに乗って帰還する。

思いつきで考えたストーリー(今朝浮かんだ)

PRポイントは現実世界に似せたファンタジーであること。
電車通勤で目的地に向かう姿を想像するとなんだか微笑ましくなりますね。
企業、電車通勤、雇用と、サラリーマンのような物語にしてます。
能力覚醒だとか特殊能力だとかが無いので、純粋な人間の成長も描画できる。今後の話づくりが楽しみです。

主人公の設定は悩み中。20歳で強制的に雇用されたなら、ダメ思考なキャラがいいと思ってます。
アツいキャラなら企業が決まってる気がする。


誰か挿絵してくんないかな・・・。
スポンサーサイト
2013.05.21 Tue l 思いつきアイデア l コメント (1) トラックバック (0) l top
どうも、まゆげです。

前の記事に超・真面目なコメントが来てビックリしました。
高校生の時はオンラインゲームの日記だったりイラスト投稿だったりで、自分なりにエンジョイしたブログをやってきたから、長文のコメントは正直初めてでした。

そりゃ・・・ね。復帰からガチに文章だけの記事ばっかですし、昔と違うとは感じますね。
書く内容も違えば見る人も違うってことでしょうね。


さて、余談でした。
今日は私の経験談です。
試合は負けて6月の全日大会は出場できませんし、4年は就職活動に専念するということで、引退の意を込めた幹部交代式を計画してるんですね。

ですけど、とにかく日程が合わん。まじで合わん。
私としては、全員参加で行った後に4年生は引退という流れだったんですが、
「全員参加する必要あるんか?」「別に居らんでもよくね?」と声をかけられたんですね。

正直カチンときましたね。
自分の考えてることをまず先に否定されて、「そうしよう」って笑顔で話せるものだろうか。
何度も受け入れてたら優柔不断の箔が付きますし、自分の考えを殺して承諾することになります。
それで平気なのであれば苦労はしませんよ。


そこで、私とその部員との案件の出し方がまずいんじゃないか? と思ったんですね。
部員の方はそれが良いって思ってるんだから、相応の理由が無い限り同意はしてくれません。
かくいう私はカチンと来ていてハァ?の状態です。良い案件も自分の考えを否定するクソ案だと思ってます。
こんな状態で部員の意見が通るってんなら訳が分かりませんね。部長の上に圧力かける人でも居るんでしょうか。

人の考えって分かんないもんです。
だから会話することで聞き出したりするんですよ。

会話ってのはスタートが肝心だと思うんですね。
一発目で悪印象与えたらずっと引きずりますし、胸の内を明かすことも無いまま終わる感じになるかな。
だから初手から否定するのはNGなんだと思います。

その人が自分の思いで考えて行動しているなら、その考えを知ることが一番だと思うんですね。
まあ、行動とかで大体の予想は出来ますが、予想は予想です。憶測で人を理解することは出来ないかと。
まず聞く。「なぜ全員そろえる必要があるのか」「なぜこれをやっているのか」と。
聞けば答えは返ってくる。その答えがその人の考えである。
そこからまた考えて、やっぱり自分の考えている意見が良いぞ。と思うなら伝えてやればいい。

私は否定された側ですが、
こっちの思いを理解もせず、意見を出すだけ出して、採用されなければイライラする。お前らは何様なのかと。
そう思いました。
否定される人は気持ちを理解されないことに苛立つんだと思います。

かくいう私は2~3年の時は同じことを当時の主将にやってました。
今思えば、主将の考えを否定してばっかりだったような。
私のように苦しい思いだったんだろうなぁ・・・。申し訳ありません。


まあ、あれよな。
良い案件であっても、上の人との会話が出来なかったら通るものも通らんってことです。
その人もあなたと同じ、別の考えがあるんですからね。

まゆげでした。
2013.05.15 Wed l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ども、まゆげです。

先週の4月27日から28日にかけて学連運営の大会がありました。

私は選手だったんですが、委員長が所用で不在だったので、
選手・兼・大会委員長という役職で参加と運営をしていました。

学連に入って4年目ですけど、歴代の先輩方のような動きが出来ているのか、実感がありません。
ただ非常に役員が頑張ってくれたので、上手くいってるんだろうな、とは思いました。


現在、その大会の反省を各役員から収集する作業中です。
ゴールデンウィーク中は帰省などあり、役員が揃わない可能性があるのでレポート提出という形にしてんですね。
私も現在作成中なんですが、今のところ数えれるくらいしか来てないという現状です。

鉄は熱いうちに叩け、と言うように、反省は早めにまとめとくといいんですね。
日が経つにつれてどんなことをしたっけなって思い出すのも面倒になりますし。


それでは私も反省仕上げますかねっとい。

まゆげでした。
2013.05.02 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。