上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
どうも、まゆげです。

前の記事に超・真面目なコメントが来てビックリしました。
高校生の時はオンラインゲームの日記だったりイラスト投稿だったりで、自分なりにエンジョイしたブログをやってきたから、長文のコメントは正直初めてでした。

そりゃ・・・ね。復帰からガチに文章だけの記事ばっかですし、昔と違うとは感じますね。
書く内容も違えば見る人も違うってことでしょうね。


さて、余談でした。
今日は私の経験談です。
試合は負けて6月の全日大会は出場できませんし、4年は就職活動に専念するということで、引退の意を込めた幹部交代式を計画してるんですね。

ですけど、とにかく日程が合わん。まじで合わん。
私としては、全員参加で行った後に4年生は引退という流れだったんですが、
「全員参加する必要あるんか?」「別に居らんでもよくね?」と声をかけられたんですね。

正直カチンときましたね。
自分の考えてることをまず先に否定されて、「そうしよう」って笑顔で話せるものだろうか。
何度も受け入れてたら優柔不断の箔が付きますし、自分の考えを殺して承諾することになります。
それで平気なのであれば苦労はしませんよ。


そこで、私とその部員との案件の出し方がまずいんじゃないか? と思ったんですね。
部員の方はそれが良いって思ってるんだから、相応の理由が無い限り同意はしてくれません。
かくいう私はカチンと来ていてハァ?の状態です。良い案件も自分の考えを否定するクソ案だと思ってます。
こんな状態で部員の意見が通るってんなら訳が分かりませんね。部長の上に圧力かける人でも居るんでしょうか。

人の考えって分かんないもんです。
だから会話することで聞き出したりするんですよ。

会話ってのはスタートが肝心だと思うんですね。
一発目で悪印象与えたらずっと引きずりますし、胸の内を明かすことも無いまま終わる感じになるかな。
だから初手から否定するのはNGなんだと思います。

その人が自分の思いで考えて行動しているなら、その考えを知ることが一番だと思うんですね。
まあ、行動とかで大体の予想は出来ますが、予想は予想です。憶測で人を理解することは出来ないかと。
まず聞く。「なぜ全員そろえる必要があるのか」「なぜこれをやっているのか」と。
聞けば答えは返ってくる。その答えがその人の考えである。
そこからまた考えて、やっぱり自分の考えている意見が良いぞ。と思うなら伝えてやればいい。

私は否定された側ですが、
こっちの思いを理解もせず、意見を出すだけ出して、採用されなければイライラする。お前らは何様なのかと。
そう思いました。
否定される人は気持ちを理解されないことに苛立つんだと思います。

かくいう私は2~3年の時は同じことを当時の主将にやってました。
今思えば、主将の考えを否定してばっかりだったような。
私のように苦しい思いだったんだろうなぁ・・・。申し訳ありません。


まあ、あれよな。
良い案件であっても、上の人との会話が出来なかったら通るものも通らんってことです。
その人もあなたと同じ、別の考えがあるんですからね。

まゆげでした。
スポンサーサイト
2013.05.15 Wed l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ども、まゆげです。

先週の4月27日から28日にかけて学連運営の大会がありました。

私は選手だったんですが、委員長が所用で不在だったので、
選手・兼・大会委員長という役職で参加と運営をしていました。

学連に入って4年目ですけど、歴代の先輩方のような動きが出来ているのか、実感がありません。
ただ非常に役員が頑張ってくれたので、上手くいってるんだろうな、とは思いました。


現在、その大会の反省を各役員から収集する作業中です。
ゴールデンウィーク中は帰省などあり、役員が揃わない可能性があるのでレポート提出という形にしてんですね。
私も現在作成中なんですが、今のところ数えれるくらいしか来てないという現状です。

鉄は熱いうちに叩け、と言うように、反省は早めにまとめとくといいんですね。
日が経つにつれてどんなことをしたっけなって思い出すのも面倒になりますし。


それでは私も反省仕上げますかねっとい。

まゆげでした。
2013.05.02 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは、まゆげです。

「出来る」「やれる」ではなく、「頼んだ」「よろしく」と言った言葉が良い印象があった。


さて、今日の話ですが、アーチェリー関係でいきます。

昨日、うちで団体練習したんですね。
メンバーは補欠含めて全員4年。全員ゴールドバッジ所有者です。
ただ最近は調子がよろしくなく、70ダブルで600点ギリか届かない辺りをフラフラしてます。

そんな中で団体練習なんですが、一つ試しにやってみたことがありまして。

仲間が射ってる時にかける言葉ってどんなのがいいのかな?と考えたところ、
まず思いついたのが「当たる」「当てれる」「いける」「出来るぞ」でした。
ってか大体のところはそんな言葉を与えてる印象があります。

もし、自分にその言葉がかけられたとして想像してみますが、
「しっかり射てば真ん中に当てることが出来る」「自分を信じて射てば自然と真ん中に当たる」
などと想像します。
これは果たして良い傾向なのか? と疑問に感じました。

なんか漠然としていて、自分から「当てる」という気持ちを消している気がする。


だからこそ、「頼んだ」「よろしく」などの、期待していることを選手に訴えることが良いのではないか、と思い
ここ数日は仲間がシューティングラインに立ったら「10点よろしく!」「当ててくれ!」「頼んだ!カバーしてくれ!」と言ってみたりしたら、なんか凄く当ててくれたりしました。

これは仲間がそれなりに当てることが出来る選手だから効果があったのかもしれないが、
全ての人にこの言葉が通用するとは思いません。

ただ、今週末の団体ではこれでいってみようかと。

仲間には期待しています。

まゆげでした。
2013.04.25 Thu l 日記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
おはようございます。

先日、「悪いポイントしか挙げないから解決できないんじゃないか?」なんて思ったことがありました。

ここが悪いとか指摘してくれる人は素晴らしいと思うんですが、それだけで終わってしまうと改善に繋がらない。
悪いことは分かった⇒じゃあどうすれば良くなるでしょう?という疑問があり、それが解消できなければ同じことを繰り返すことになります。
「じゃあどうすりゃいいんだよ!」って言ったり言わなかったり。葛藤があるんじゃないか。
ですが大体の人は「自分で考えろ」や「そこまで教える義理はない」といった考えで教えてくれません。

自分のやってきたことが悪いって指摘されて、他の方法がすぐ浮かぶなら苦労はしませんし、
それに良いって思ってやってきたことを否定されてムッとこない訳がないんですね。
結果的に喧嘩したり、言い合いに負けて渋々やることになったりする。

この「渋々やることに」ってのが問題で、

納得できないものをやり続けるなんてそんなの出来る訳がないんですよ。
新入社員の離職原因とかと一緒です。「自分の肌に合わなかった」とか。

結果的に、続かない⇒また悪いことの再発⇒怒られる⇒渋々やる⇒続かない。
これが出来てしまう。

じゃあ、どうすればいいか?


悪い点を指摘した人の状態を確認しましょう。
その人は悪い点を理解して、指摘しているということ。
悪い点が理解出来ているのであれば、改善策を教えてやることもできるということではないか?
ただ、思いつかないこともありますが、少なくとも悪い点だけは分かっているという時点でその人の方が考えがもっともらしいように思えます。

だからこそ、道を示してあげることが指摘する人のやさしさってものじゃないかなと。


かと言ってああしろ、こうしろと「命令」だと無理ですよ。自発的にやりませんからそのうち動きが止まります。

「こうしたら良くなると思う」「こうすれば出来るんじゃないか?」と、自分の考える方法を教えてみる。
そして、「俺はこう思っているんだけど、お前はどう思う?」と一言入れるだけ。
悪いところの指摘⇒自分の主張を言う⇒相手の考えを聞き出す。 これだけ。

実際に私もやっているんですが、とても効果的です。
両方の主張が出たところで、また改善方法を考えて実践させてみる。
成功すれば褒める。失敗すればまた一緒に考える。次回に繋げる。

これで互いに上手くいくと思うよ。きっと。

まゆげでした。
2013.04.23 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
夏の空

いつかの帰り道に綺麗な空だったので撮ってみた。
ドコモのArrowsは画質が良くていいですね。 拡大無しなら私のデジカメと大して変わらない高性能です。



さて近況報告ですが、夏休みに入って作業時間が増えました。
───が、猛暑によりPCを起動すると暑くて作業どころではないという状態です。

自分で計画も立ててみましたが↓ 見事なまでの計画倒れで・・・。
8月9日完成予定図
今日の時点で色塗りに入っていないといけないのにまだ下書きのままである。

打開策(逃亡)として簡単な絵を今描いてます。現在スキャンして線画中です。
なんとか9日までに仕上げを・・・頑張ります。
2012.08.07 Tue l 日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。