上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、まゆげです。

「出来る」「やれる」ではなく、「頼んだ」「よろしく」と言った言葉が良い印象があった。


さて、今日の話ですが、アーチェリー関係でいきます。

昨日、うちで団体練習したんですね。
メンバーは補欠含めて全員4年。全員ゴールドバッジ所有者です。
ただ最近は調子がよろしくなく、70ダブルで600点ギリか届かない辺りをフラフラしてます。

そんな中で団体練習なんですが、一つ試しにやってみたことがありまして。

仲間が射ってる時にかける言葉ってどんなのがいいのかな?と考えたところ、
まず思いついたのが「当たる」「当てれる」「いける」「出来るぞ」でした。
ってか大体のところはそんな言葉を与えてる印象があります。

もし、自分にその言葉がかけられたとして想像してみますが、
「しっかり射てば真ん中に当てることが出来る」「自分を信じて射てば自然と真ん中に当たる」
などと想像します。
これは果たして良い傾向なのか? と疑問に感じました。

なんか漠然としていて、自分から「当てる」という気持ちを消している気がする。


だからこそ、「頼んだ」「よろしく」などの、期待していることを選手に訴えることが良いのではないか、と思い
ここ数日は仲間がシューティングラインに立ったら「10点よろしく!」「当ててくれ!」「頼んだ!カバーしてくれ!」と言ってみたりしたら、なんか凄く当ててくれたりしました。

これは仲間がそれなりに当てることが出来る選手だから効果があったのかもしれないが、
全ての人にこの言葉が通用するとは思いません。

ただ、今週末の団体ではこれでいってみようかと。

仲間には期待しています。

まゆげでした。
スポンサーサイト
2013.04.25 Thu l 日記 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
なんだか、読んでいてなるほど、と思ってしまいました。
アーチェリーはしたこともなくルールもさっぱりですが。
オリンピックで見る限り集中力と自信、やはり自分との闘いなんだろうなという印象がありました。

だから、声掛け?というのも耳から入ってきたものを気持ちにもっていくというか。
大事なものなんだなと思います。

当たる、いけるは、ポジティブに考えれるけど、心の中ではポジティブと同じだけもしダメだったら、とネガティブな気持ちもあると聞いたことあります。

そこを、よろしく、頼んだと頼る形の言葉にすると
言われた方はやってやろう、やるぞ、という気持ちになるんでしょうね。
そして、頼られることは信頼されること。
言葉にしなくても信頼は生まれますね。

主さんのような先輩がいたら、後輩は幸せですね。しっかりと伸びそうな気がします。
僕も会社で同僚や後輩への声のかけ方も改めて考えようと思います。

試合はどうだったのでしょうか?
うまくいきましたか?
また時間のあるときに伝えていただければと思います。

通りすがりの者ですが、また来ます。
2013.05.10 Fri l はるまき. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mygikiato.blog.fc2.com/tb.php/8-7947e120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。